世界コンピュータ将棋選手権はYSSが優勝

5月3日から5日にかけて行われた第17回世界コンピュータ将棋選手権は、山下宏氏のYSSの優勝となりました。関連記事などは、TETSUさんがいつものように素晴らしいまとめを作成されているのでそちらをご覧下さい。

一昨年からコンピュータ将棋とプロ将棋界の関わりが増し、一昨年は激指、昨年はBonanzaと、この大会の優勝ソフトは社会的にも注目を集めるようになりました。それだけ優勝の価値も重くなったと言えるでしょう。これからの一年間はYSS(AI将棋)が注目されることになるでしょう。

同星の棚瀬将棋など今回の上位4ソフトにKCC将棋を加えた5強がこれからの最強ソフトの候補ということにことになりそうですが、その一角に加わってくる新しいソフトがこれから現れるかどうかまだ予断を許しません。